前払費用

読み仮名:まえばらいひよう、分類:流動資産

前払費用とは継続的な取引に対して、まだ受けていない役務に対して代金の支払を行った時に使用する勘定科目です。
前払費用とは

賃貸契約などのように継続してサービスを受けている場合に、来月分の家賃を今月支払うなどまだ提供を受けていないサービスに対して代金を支払った場合に使用します。

使い方

(1)前払費用の発生

決算日などの締めを行う日に、継続して提供を受けているサービスなどの対価に対し、まだ受けていないサービスに対する費用の中で今期分ではない分を前払費用に振り替えます。

(借方) (貸方) 
前払費用xxxx 賃借料xxxx

(2)前払費用の再振替

翌期になったら期末に前払費用に振り替えていた分を、改めて対応する勘定科目に再振替えします。

(借方) (貸方) 
賃借料xxxx 前払費用xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):1年分のコピー機のリース料20万円を現金で支払った。
(借方) (貸方) 
賃借料200,000 現金200,000
(取引例):決算日に支払済みのリース料の中で翌期分8万円に対し振替処理を行った。
(借方) (貸方) 
前払費用80,000 賃借料80,000
(取引例):翌期になって前払費用を再振替えした。
(借方) (貸方) 
賃借料80,000 前払費用80,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。