前渡金

読み仮名:まえわたしきん、分類:流動資産

前渡金とは仕入などを行った際に、商品を受け取る前に商品代金の一部または全部を前払いしたものです。
前渡金とは

一般には手付金や内金といったものです。仕入などの際に一部の金額などを契約の証拠などとして支払います。また建設業においては前渡金ではなく「建設仮勘定」という勘定科目を使用します。

使い方

(1)前渡金の発生

商品を仕入れ、納品が実際に行われる前に一部の代金を現金で支払った場合などに計上します。

(借方) (貸方) 
前渡金xxxx 現金xxxx

(2)前渡金の振替

商品が実際に納付された時点で、仕入を計上する時点で前渡金を仕入勘定に振替えます。

(借方) (貸方) 
仕入xxxx 前渡金xxxx
 xxxx 買掛金xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):仕入代金30万円のうち手付金として5万円を現金で支払った。
(借方) (貸方) 
前渡金50,000 現金50,000
(取引例):商品が納入され、残金は掛とした。
(借方) (貸方) 
仕入300,000 前渡金50,000
   買掛金250,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。