売掛金

読み仮名:うりかけきん、分類:流動資産

売掛金とは、商品の販売やサービスの提供によって発生する取引先に対する債権のことです。
売掛金とは

通常の商取引においては、現金取引を行うのではなく掛売りが利用されます。商品の販売を行った場合に支払期日を設定し、実際の支払は支払期日に行います。

使い方

(1)売掛金の計上

「売上」が発生した際に代金の支払を売掛金とした場合。

(借方) (貸方) 
売掛金xxxx 売上xxxx

(2)売掛金の回収

支払期日が来て「売掛金」を現金で回収した場合。

(借方) (貸方) 
現金xxxx 売掛金xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):掛売りで売上200,000円を行った。
(借方) (貸方) 
売掛金200,000 売上200,000
(取引例):支払期日となって売掛金を現金で回収した。
(借方) (貸方) 
現金200,000 売掛金200,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。