法定福利費

読み仮名:ほうていふくりひ、分類:営業損益

法定福利費とは従業員の福利厚生のために法律で定められた額を支出する費用のことです。
法定福利費とは

福利厚生費の中の1つとして法律で定められている費用分です。社会保険(健康保険と厚生年金保険)や労働保険(雇用保険や労災保険)などが含まれます。

使い方

(1)従業員負担分の天引き

法定福利費は会社負担分と従業員負担分があります。従業員負担分は給料の支払時などに天引きします。なお健康保険料のように従業員負担分を預かってからまとめて支払う場合は「預り金」で、雇用保険料のように先に従業員負担分も含めて支払ってから後から従業員負担分を徴収する場合は「立替金」を使用します。

(借方) (貸方) 
給料xxxx 預金xxxx
   預り金xxxx

(2)法定福利費の支払

会社負担分と従業員負担分をまとめて法定福利費を支払います。

(借方) (貸方) 
法定福利費xxxx 預金xxxx
預り金xxxx   
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):従業員に対して給料を20万円支払った。支払の際には社会保険料2万円を差し引いた。
(借方) (貸方) 
給料200,000 預金180,000
   預り金20,000
(取引例):月末に社会保険料として会社負担分30万円と従業員負担分として預かっている20万円を合わせて納付した。
(借方) (貸方) 
法定福利費300,000 預金500,000
預り金200,000   
(取引例):5月に労働保険料として会社負担分40万円と従業員負担分30万円を合わせて納付した。
(借方) (貸方) 
法定福利費400,000 預金700,000
立替金300,000   
(取引例):従業員に対して給料を20万円支払った。支払の際には労働保険料3万円を差し引いた。
(借方) (貸方) 
給料200,000 預金170,000
   立替金30,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。