退職金/退職給付費用

読み仮名:たいしょくきん/たいしょくきゅうふひよう、分類:営業損益

退職金とは従業員や役員が退職をする際に会社から支払われる一時金のことです。

退職金とは

退職金は退職時に一括して支払われますが、給料の後払いという意味合いも持ちます。その為、当期分としての負担分を決算時に計上します。その時に退職給付引当金を負債とし、退職給付費用を費用として計上します。

使い方

(1)退職給付引当金の計上

将来の退職金支払のために退職給付引当金を計上します。

(借方) (貸方) 
退職給付費用xxxx 退職給付引当金xxxx

(2)退職給付の支払

実際に退職金を支払う場合には預金などから支払が行われます。

(借方) (貸方) 
退職給付引当金xxxx 預金xxxx

仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):期末に退職給付引当金として今期分の50万円を計上した。

(借方) (貸方) 
退職給付費用500,000 退職給付引当金500,000

(取引例):従業員が退職し退職金として30万円を預金から支払った。

(借方) (貸方) 
退職給付引当金500,000 預金500,000
スポンサードリンク