売上原価

読み仮名:うりあげげんか、分類:営業損益

売上原価とは商品やサービスの原価となる費用の中で、売上に直接関係する部分を売上原価といいます。仕訳上では「仕入」勘定が用いられます。
使い方

(1)仕入の発生

「仕入」に対応するものとして現金などもありますが一般的には掛買いとなるケースが多いので「買掛金」となります。

(借方) (貸方) 
仕入xxxx 買掛金xxxx

(2)返品処理

仕入の一部が返品する場合には返品分を反対仕分する方法と「仕入返品」勘定を使う方法があります。

反対仕分の場合:

(借方) (貸方) 
買掛金xxxx 仕入xxxx

「仕入返品」勘定を使う場合:

(借方) (貸方) 
買掛金xxxx 仕入返品xxxx

(3)仕入値引

仕入代金の一部値引きを受けた場合には値引きを反対仕分する方法と「仕入値引」勘定を使う方法があります。

反対仕分の場合:

(借方) (貸方) 
買掛金xxxx 仕入xxxx

「仕入値引」勘定を使う場合:

(借方) (貸方) 
買掛金xxxx 仕入値引xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):原材料20万円を掛買いで仕入た。
(借方) (貸方) 
仕入200,000 買掛金200,000
(取引例):3万円分の値引きを受けた。
(借方) (貸方) 
買掛金30,000 仕入30,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。