売上

読み仮名:うりあげ、分類:営業損益

売上とは商品や製品の販売やサービスの提供にともなって取得した収益のことをいいます。仕訳をする場合には「売上」を使いますが損益計算書上では「売上高」で表示します。売上をどのタイミングで計上するかはいくつかの方式があります。
使い方

(1)売上の発生

「売上」に対応するものとして現金なども考えられますが一般的には掛売りとなるケースが多いので「売掛金」となります。

(借方) (貸方) 
売掛金xxxx 売上xxxx

(2)返品処理

売上の一部が返品された場合には返品分を反対仕分する方法と「売上戻り」勘定を使う方法があります。

反対仕分の場合:

(借方) (貸方) 
売上xxxx 売掛金xxxx

「売上戻り」勘定を使う場合:

(借方) (貸方) 
売上戻りxxxx 売掛金xxxx

(3)売上値引

販売代金の一部値引きを行う場合には値引きを反対仕分する方法と「売上値引」勘定を使う方法があります。

反対仕分の場合:

(借方) (貸方) 
売上xxxx 売掛金xxxx

「売上値引」勘定を使う場合:

(借方) (貸方) 
売上値引xxxx 売掛金xxxx

(4)売上割戻し

一般に売上リベートと呼ばれるような販売代理店への奨励金の処理は割戻し分を反対仕分する方法と「売上割戻」勘定を使う方法があります。

反対仕分の場合:

(借方) (貸方) 
売上xxxx 売掛金xxxx

「売上割戻」勘定を使う場合:

(借方) (貸方) 
売上割戻xxxx 売掛金xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):商品20万円を掛売りで売り上げた。
(借方) (貸方) 
売掛金200,000 売上200,000
(取引例):5万円分の商品が返品された。
(借方) (貸方) 
売上50,000 売掛金50,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。