未払金

読み仮名:みばらいきん、分類:流動負債/固定負債

未払金とは本来の営業活動以外の場合において債務が確定していて未払いのものを表す勘定科目です。
未払金とは

買掛金も債務が確定していて未払いのものに利用しますが、買掛金は通常の営業活動における商取引の場合に利用されます。また未払費用との違いは未払金が単発の取引の際に使用されるのに対し、家賃支払など継続した役務提供に対する費用で未払いのものが未払費用となります。

使い方

(1)未払金の発生

備品の購入や有価証券の購入など商品購入など以外を購入し、代金を後日支払う場合に未払金を使用します。

(借方) (貸方) 
備品xxxx 未払金xxxx

(2)未払金の支払

未払金を後日支払った場合に未払金が減少します。

(借方) (貸方) 
未払金xxxx 現金xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):備品3万円分を購入し、支払は後日に行うこととした。
(借方) (貸方) 
備品30,000 未払金30,000
(取引例):未払だった3万円を現金で支払った。
(借方) (貸方) 
未払金30,000 現金30,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。