資本金

読み仮名:しほんきん、分類:純資産

資本金とは会社設立の際に出資者から払い込まれた金額の中で資本金として計上するものです。出資するものは現金だけではなく土地や建物など現物出資などがあります。また資本金は増資や減資などで変動することもあります。

使い方

(1)資本金の計上

新しく会社を設立する場合などの場合には、払込期日までに振り込まれた金額は払込期日にいったん「新株式払込金」勘定に計上されます。

(借方) (貸方) 
別段預金xxxx 新株式払込金xxxx

次に払込期日の翌日に払込額の2分の1以上の金額を資本金として計上します。

(借方) (貸方) 
新株式払込金xxxx 資本金xxxx
預金xxxx 別段預金xxxx

(2)増資の場合の資本準備金への組み入れ

増資の際に振り込まれた金額は、原則として全額が資本金となりますが、2分の1以下については資本準備金に入れても構いません。

(借方) (貸方) 
預金xxxx 資本金xxxx
 xxxx 資本準備金xxxx

仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):株式会社設立のために1,000万円を資本金として受け入れた。

(借方) (貸方) 
預金10,000,000 資本金10,000,000

(取引例):欠損金200万円の穴埋めの為に資本金を200万円減資して補填した。

(借方) (貸方) 
資本金2,000,000 欠損金2,000,000
スポンサードリンク