その他資本剰余金

読み仮名:そのたしほんじょうよきん、分類:純資産

その他資本剰余金とは、資本金及び資本準備金の取り崩しを行った場合に発生した剰余金のことです。
その他資本剰余金とは

累積赤字などを補填するために資本金を減資した際に発生する減資差益などが「その他資本剰余金」に該当します。また自己株式を処分した場合に利益が発生した場合にも「その他資本剰余金」扱いとなります。またその他資本剰余金は配当金などの減資として取り崩すことが出来ます。

使い方

(1)自己株式の売却益

自己株式をを売却した時に発生した利益をその他資本剰余金とします。

(借方) (貸方) 
預金xxxx 自己株式xxxx
   その他資本剰余金xxxx

(2)減資による余剰金

減資を行った際の余剰金をその他資本剰余金とします。

(借方) (貸方) 
資本金xxxx 繰越利益剰余金xxxx
   その他資本剰余金(減資差益)xxxx
仕訳のサンプル

では具体的な取引毎に仕訳のサンプルを見ていきます。

(取引例):自己株式(取得価額500万円)を600万円で売却した。
(借方) (貸方) 
預金6,000,000 自己株式5,000,000
   その他資本剰余金1,000,000
(取引例):累積赤字400万円の補填のため資本金500万円を取り崩した。
(借方) (貸方) 
資本金5,000,000 繰越利益剰余金4,000,000
   その他資本剰余金1,000,000

( Written by バズ )

profile_img

著者 / バズ

技術的なことからエンターテイメントまで幅広い分野のオリジナルコンテンツを日々作成しています。